寿退社という選択肢

寿退社した専業主婦の悩み

結婚して専業主婦になりたい。
昔は女性の憧れであった寿退社。しかし、女性の社会進出の機会が増え、女性でもやりがいのあるような仕事を任されたりする様になると、結婚したくない女性や結婚しても仕事を続けたいという女性が増えてきました。
結婚して子供が生まれると産休を取らなくてはならなかったり、子供が病気になったり怪我をしたりすると仕事に支障が出てきます。男性に理解があり、育児や家事も協力してくれるなら仕事を続けることが出来ますが、そうでなければ結婚や出産をきっかけに女性は仕事をやめざるを得なくなります。
寿退社して専業主婦になると、最初のうちは子供もいないことから仕事と家庭の間で大きく悩むことになります。今まで家と会社を往復していたのが家に入ってしまうのですから、非常にストレスがたまります。家事をしていても生活リズムが専業主婦になれて、家事のコツがつかめてくるまでは身体的に疲れもたまります。人と接する機会も仕事をしているときと格段に減るので、人間関係にも悩みが出てきます。そこに、出産や育児などが加わると、さらに心身の疲労はたまっていきます。マタニティブルーや産後うつにもなりやすくなります。
特に、仕事に生きがいを感じていた女性ほど、専業主婦になったとたんに自分はこんな状態でいいのだろうかという悩みも強いようです。こういった悩みをためないようにするためには、男性側がきちんと相手の話を聞いてあげることが大切です。