寿退社という選択肢

寿退社して専業主婦になりたい女性の割合

今では女性がほとんどいなかった職種にも女性が入り込むようになり、仕事を生きがいにする女性たちも増えてきました。結婚して子供が出来るといろんな面で仕事に影響が出てくることから、結婚や専業主婦・妊娠を敬遠する女性たちも増えてきています。中には、妊娠できる年齢の期間はしっかり仕事に集中し、妊娠できない年齢になってから婚活するという女性たちもいます。
男性たちも、今までは家を守るのが女性の仕事だという考え方から、共働きのほうがお互いに収入があるため共働きを希望する男性が昔に比べると多くなり、育児や家事は女性の仕事という考え方は少なくなってきています。女性が仕事で忙しいときは、家事や育児を手伝う男性が増えてきているのです。
一昔前までは女性の憧れであった「寿退社」や「結婚は永久就職」という言葉は今はほとんど使われなくなり、寿退社して専業主婦になりたいという女性は7.8%と1割にも満たない数値となってしまいました。しかし、男性はいまだに自分が仕事をしている間に家を守ってほしい、自分が家に帰るときに家で待っていてほしいと相手に寿退社を求める人が多く、女性より男性のほうが寿退社を希望する割合が高いようです。しかし、実際問題として結婚しながら仕事をするには、男性のサポートが不可欠です。男性側がサポートを受け入れない場合には、女性は寿退社を余儀なくさせられるのです。とても参考になるサイトがありました。>>>http://kotobukileaving-plan.info